--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.31 00:00|スペイン
無事に行ってきました★
写真アップしたいんだけどひとまず旅行前に作った日程表をば。

日付
プラン宿泊
2008/12/20成田(12:05) -Amsterdam/schiphol(16:10)
schipol(17:45)-Barcelona(19:55)

KLM ROYAL DUTCH AIRLINES KL862/Q
to KLM ROYAL DUTCH AIRLINES KL1675/Q
バルセロナ
Eurostars Cristal Palace
C/Diputacio 257 Barcelona 08007
TEL: +34 93 4878778
2008/12/21バルセロナ観光
●サグラダファミリア[旅行記]
●サン・パウ病院[旅行記] → ●グエル公園[旅行記]・記念館[旅行記] →●カサ・ビセンス[旅行記] →●街歩き[旅行記]
同上
2008/12/22バルセロナ



同上
2008/12/23午前: バルセロナ観光

午後: 15:55(BCN) - 17:20(GRX:グラナダ) [旅行記] 

※この日ハマムいければ?
グラナダ
Hotel NAVAS,
Navas 22-44
TEL:958-225959
2008/12/24グラナダ観光

●8:00- アルハンブラ宮殿 [旅行記][予約方法]


▲Hammam Banos Arabes
C/Santa ana 16 +34958229978
同上
2008/12/25●セビリヤへ移動 ※バスの時間次第 [旅行記]
バス会社:ALSA   
08:00-10:45 or 10:00-13:15
or 12:00-14:45 or 15:30-18:30
ターミナル:  SERVIAREAS 2000, S.L.U.
C/ JUAN PABLO II, 33 (ANTIGUA CRTA. DE JAÉN, S/N)
ESTACIÓN AUTOBUSES DE GRANADA
18.014 GRANADA (GRANADA )
TEL: 958185494 FAX: 958185495

●カルモナへ移動 [旅行記]
バス会社:CASAL TEL:954 41 06 58,
Estacion Prado de San Sebastian発
カルモナ/CARMONA パラドール
住 所 ALCAZAR, S/N 41410 CARMONA / SEVILLA
T E L 95 414 10 10
2008/12/26セビリヤ観光
●カテドラル(WH)、●アルカサル(WH)


●ハマム:AIRE DE SEVILLA
住所:C/AIRE, 15(大聖堂より徒歩5分くらい)
TEL:955-01 00 24/25/26
料金:お風呂のみ 20ユーロ/15分マッサージ付き 31ユーロ等

●夜はフラメンコが見たい!
Dona Maria Hotel Seville
Don Remondo 19 Sevilla ES-41004
TEL: 34-954-224-990
booking ID:32252950
2008/12/27午後:Sevilla→Toredo Aveで3時間位

Parador de TOREDO
Cerro del Emperador s/n
925-221850 (トレド駅~車10min.)
2008/12/28トレド観光

同上
2008/12/29午前:トレド観光

午後:Toredo - Madrid Aveで30min.位
Sieteislas Hotel Madrid
Valverde 14-16 Madrid 28004
+34 91 523 46 888
地下鉄5号線(青) Granvia駅
2008/12/30マドリッド観光


美術館めぐり、ショッピング
同上
2008/12/31Madrid/BARAJAS(10:30)- Amsterdam/schiphol(13:20)
KLM Royal Dutch Airlines KL1700/Q

Amsterdam/schiphol(15:15) -
KLM Royal Dutch Airlines KL861/Q
飛行機内
2009/01/01Tokyo Narita(10:35)
スポンサーサイト

テーマ:★スペイン★
ジャンル:旅行

タグ:スペイン 旅行

2009.12.24 21:15|スペイン
12/24はクリスマスイブ。
23日にチェックインしたときから再三フロントの方には、クリスマスは店もバスもレストランも閉まるから、気をつけてね、と言われていました。

クリスマスイブのディナーは、たいしたものではないけれど、オプションで用意できるけどどうしますか?と、聞かれていました。

ホテルの食事がどれほどのものかわからなかったので、とりあえず翌朝の朝食を食べて返事をすることにし、結果、朝食は悪くなかったので、お願いすることにしました。

なんといっても、アメリカ留学中にやはりクリスマス時期に旅行に出かけ、本気でどこも空いてなくて彷徨った思い出があるものですから、用心深くなるというもの(苦笑)

相方さんは、朝のパンがとても気に入っていたので、あのパンさえあれば大丈夫!と。

さて24日は、早くから観光に出かけ、山側にあるアルハンブラ宮殿の観光を終え、街へ降りてきたのは夕方のこと。

まだ街はにぎわっており、アルハンブラでは食事をするところもなく、持参したチョコレートで飢えをしのいでいたので、カフェにでも入って遅めのランチ兼ひと休みすることにしました。

■カフェでのんびり過ごす







▲店員さんがキビキビして感じがよかった。


▲食べかけですみません。相方さんが頼んだパン。美味。


▲私が頼んだ、ブルーチーズとトマトのパン。ブルーチーズ(スティルトンだったかな)がきつくて外れだった・・。


▲だんだんと人気がまばらに


▲バーなどの前は17時すぎでもまだワイワイにぎわってました。


▲ホテルの前の通り。夕方まで集まって大騒ぎ!


■アルバイシン地区を観光
せっかくなので、アルハンブラ宮殿の夕景を眺めようと、さくっとでかけることにしました。バスはあまり遅くならなければ走っているらしいので。

この記事の「■アルハンブラ宮殿の外からの眺め」の下りはそのとき撮った写真です。

ホテルに戻る頃には、街は人っ子一人いないような状態。シーーーンとして店はすべて閉まっていて、
ディナー頼んでおいて正解だったね、と私たち。

■いよいよホテルでクリスマス・ディナー

レストランにいくと、私たち以外には二組だけで、閑散としていました。それはいいのだけど、いつもならビュッフェはレストランの従業員がいるのに、いつものフロントの女性がサーブをしていました。どうやら人手がないらしい。


▲アルハンブラビール。ちょっとテンション上がりますw

そして・・なんと悲しいことに、ビュッフェが朝よりショボかった!!


▲これがすべて。


▲マンチェゴチーズ、シュークリーム(イマイチ)、ドライトマトだったかな


▲具の少ないスープ。パンもこのパンしかなくて、しかも奥側のパンをよくみたらカビてるよーーー。
相方さんの頼みの綱のあまいパンはひとつもありませんでした。


隣の席は、おじさん二人組。そして、一人はやはりこのビュッフェに相当ご立腹な様子で、フロントの女性に、英語で、「オンリー・コールドフード! これが17ユーロ(の食事)?ワン・セブン?!」と文句を言い、そして連れのおじさんにもひたすら愚痴っていました。
もう一人のおじさんは、私と目配せをして、少し笑ってみたりしてたけどお相手をなだめるにのに大変そう。。

私たちも、いや私は、ビールとチーズと生ハムでそれなりに満たされるのですが、、問題は相方さん。
明らかにしょーぼーーーん、しょぼーーーん。
まぁ・・食べるものないよね。。あるものも、あんまり美味しくないしね。。
でも仕方ないじゃん?アルハンブラ綺麗だったよね~~?と盛り上げても、しょぼーん。

自分の連れと、隣の連れがあまりにテンション低いので、私はアルコールも入ったせいか、一人で大うけしていました(←ひどい)。
だって、もうここまで悲惨なのは笑えるし、きみたちのその深刻ぶりが可笑しいんだもん(笑)

さらに、ホットコーヒーもサーバーは朝のままで放置されていて出てこず。どうしてもカフェインが食後にほしくて電子レンジでお湯を温めてから、紅茶パックで飲みました(根性w)。

それにしても、朝のビュッフェより夜のクリスマスディナーが格段下がるって思ってませんでした。

朝、フロントの別の若い女性に今夜のディナーをお願いしたい、といったら、ほんとーにしょぼいわよ?と言われたのはこういうことだったのか、と思い出したりするわけです(苦笑)
サーブしてくれている女性(通常はフロント担当)は、それなりに悪くないディナー、パンももちろんあるわよ、と前向きなニュアンスで言ってたけど、、ちょっと話違うよねーー。


▲部屋に戻って持参したインスタント味噌汁で飢えをしのぐ相方さん。哀愁漂ってます・・(苦笑)

そんなわけで、用心したにもかかわらず、2008年のクリスマスディナーは最悪でした。。

たぶんね、18時ぐらいまで、カフェやバーは空いていたから、そこでがっつり食べておくのがよかったのかもしれません。いつか活かせるのだろうか、この教訓。

タグ:スペイン クリスマス グラナダ

2009.12.22 08:00|スペイン


2008/12/23(火)

バルセロナ最終日。

予定ではバトリョ邸のあと、ピカソ美術館に行く予定だったのだが、あまりにバトリョ邸がすばらしくて、胸がいっぱいになってしまい、これ以上はいいかーという気持ちになったため、飛行機までの時間、のんびりランチをとることにした。

和食は海外旅行では避ける私なのですが、風邪気味のせいか胸焼けが続いていたので、また相方さんの日本食コールもうるさいため(苦笑)、食べにいくことにしました。移動先のグラナダには日本食レストランはなさそうだしねー。

■小雪(koyuki)

和食レストラン。オープン前に入り口が開いていたので入ろうとしたら、掃除中だったらしい、少々こわもての店主のおじさんがあとでおいでとのこと。
オープン時間にいったらさっきはごめんねーといってくれた。結構いいひとっぽい。

ゴルゴがどーんと並んでいたので読みながら料理を待つ(笑)

盛況で、スペイン人らしき団体客もきていた。彼らにとってはオサレランチって感じなのかな?

私はうどんを、相方さんはうどんとカツどんをオーダー。二人で27.82ユーロ。味もよかったし、満足度たかし。
相方さんの幸せそうな顔は忘れられません(苦笑)

さてこれでバルセロナは終わり。ホテルで荷物を受け取り、空港に移動です。

続きは[SPAIN]グラナダ その1です。

タグ:スペイン バルセロナ

2009.12.22 03:00|スペイン
PC220457_5135776


2008/12/23(火)訪問
バルセロナ最終日。
相方さんはホテルの紹介を受け、近くのジムで一汗かいて戻ってきました。(15ユーロ)
えらいなぁ。。

■Casa Batllo(カサ・バトリョ)
ガウディ作品。世界遺産。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%A7

ステンドグラスとタイルの美しい色合い、常に曲線を意識した木材による温かみ。
華麗で、光と清浄な空気に満ちる空間。

工夫の連続に感動し、美しさに感激。ガウディさま、すばらしいです(感涙)


PC220367_5135571

PC220368_5135572
▲きのこ型の暖炉

PC220369_5135573 PC220371_5135574 PC220370_5135575

PC220374_5135577

グラシア通りに面しています。

PC220375_5135578
シャンデリア

PC220380_5135583
▲部屋と部屋をしきる鴨居(というのかしら)の飾り。

PC220377_5135580
▲とにかく曲線で。直線は許されませんw

PC220379_5135668

PC220456_5135775
▲上の窓辺を外側からみたところ

PC220395_5135694
▲エレベーターホールのタイル。色が光をうけても均一にみえるように濃さを少しずつ変えているそうです。

PC220396_5135695
▲木の板を動かして換気できるようになっています。

PC220401_5135696

PC220405_5135697
スペインの建物には定番のパテオ。

PC220414_5135700

PC220406_5135699
▲パテオから建物を眺めたところ

PC220422_5135759
▲エレベーターへの入り口

PC220451_5135768
▲エレベーターもガウディが作ったらしい

PC220429_5135760
▲洗濯室や浴槽があるフロア。昔は暗くて窓が小さい建物が常識だったのだけど、換気も悪くて健康によくなかったそう。それをガウディは見直して改善したのだそう。

PC220433_5135761

PC220438_5135762
▲屋上に出ると、キターw カサ・ミラで見たのと似た趣向のなぞのオブジェたち。

PC220435_5135763

PC220442_5135764
▲恐竜の背中風

PC220446_5135765

はー、相方さんと二人、圧倒されまくりで、写真いーっぱいとりました。
日本語解説のオーディオ貸し出しがあり、それがまたわかり易かったのも、さらに◎でした。

夜はライトアップもしているようです。が、絶対内部を見るべきーー!です。

タグ:スペイン バルセロナ ガウディ

2009.12.22 02:30|スペイン
PC210358_5135395
どどんとぶら下げられている豚の足~~。

バルセロナ最後の夜なので豪華?ディナーです(^^)
ホテルから大賑わいの通りを徒歩で通り抜け、レストランに到着。

■JULIVERT MEU
住所:c/ Bonsuccés, 7 Barcelona
Tel: +34 93 318 03 43

カタルーニャ料理の庶民的なレストラン。

PC210356_5135223
20時ごろに着いたときは閑散としていたけど、帰るころ(21時半すぎかな)には地元の人たちで大賑わいになってました。スペイン時間か。。

PC210347_5135219
サングリアうまい。相方さんがほとんど飲めないのでせっせと飲酒(苦笑)

PC210349_5135220

PC210348_5135221
右の生ハムの盛り合わせがやはりうまいーー。トルティーヤの盛り合わせは普通。

PC210357_5135392
手前はクレームカタラナ。クレームドブリュレと同じ?おいしかった。
アイスはファミレスで出てくるような出来合いのものでイマイチでした。。

PC210360_5135398

二人で46.06ユーロ。妥当なところでしょうか。

お店の公式サイト
http://www.julivertmeu.com/
PDF形式ですがメニューがダウンロードできます。

タグ:スペイン バルセロナ グルメ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウントダウン






by.yzakka

最近の記事

本だな

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

彩アルッテ(埼玉情報ブログ)

ユーザータグ

東京ミッドタウン グルメ 六本木 スペイン バルセロナ クリスマス ホームベーカリー イルミネーション ipod アルハンブラ宮殿 touch 銀座界隈 台北 茨城 白神こだま酵母 ガウディ グラナダ スタバ SH001 カルモナ 赤坂 中国茶 ビストロ 花火 志の輔 旅行 バラ 栃木 渋谷 春日部 茶藝館 越谷 新宿 

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。