--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.13 00:00|海外ドラマ
■Dr.HOUSEドクターハウス シーズン1 Vol.5
私は毎回の話の作りが、トライアンドエラーで何度も患者がコールドブルーになったりするんで、どこが天才医師なんだー?!とあまり好きじゃない。でも相方はドクター先生の悪たれっぷりが気に入っている。

■Dexter デクスター シーズン1 Vol.4
大好き!いま一番、くぎ付けになる。

■ミディアム 霊能捜査官アリソン・デュボア シーズン3 Vol.6
ちょっと話に飽きてきたかな。。
デュボアファミリーの動向が気になるので、ホームドラマ的に見続けている感じ。
三人娘も大きくなってきたし、素敵な理解あるだんな様、ジョーが大好きです。


■グレイズ・アナトミー シーズン4(次シーズンのレンタル待ち)
珍しくいい感じ♪レズビアン要素も追加されましたw

■プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン1 Vol.4
グレイズ・アナトミーのスピンオフで、アディソンが主人公。
カリフォルニアが舞台になったので懐かしさもあり、好き。
不妊治療と産科に特化している、小さなクリニックの話です。
グレアナより大人向けのドラマで、恋愛ドラマが苦手な相方もこれは観ます。

■Bones ボーンズ シーズン3(次シーズンのレンタル待ち)
ザック。。。納得いかん。。



気になるのは・・
・ボストン・リーガル
デビット・E・ケリーというと、アリーMy Love(大好きだった)の人か。

・Mad Men
地上波でやってるのに、見られていない・・・。
スポンサーサイト
2009.09.13 00:00|海外ドラマ
海外ドラマの最近のお気に入りは、Dexter。邦題は『デクスター ~警察官は殺人鬼』。

海外版のデスノートと言われるように、主人公は警察に所属する身分でありながら、法の裁きでは足りないと判断した犯罪者たちには冷徹に死を与えます。
元々は、人を殺めたい衝動を持つ少年であったのが、同じく警察官であった義父によって、せめては目的を持った方向へその衝動のはけ口を求めるようにと育てられます。

デクスターは血痕専門鑑識官なので、血にはかなりハァハァしていてその姿がおかしい。
それを反映してか、オープングでの朝の支度の様子は、それぞれが人間の血や肉を彷彿とさせます。これが結構美しくて、毎回同じなのに飛ばさずに観てしまいます・・w
お口にあうかわかりませんが、どうぞごらんあれ。



義理の妹デボラ・モーガン (Debra Morgan)は、まったく義理兄デクスターの秘密など知らず、兄になついている、これまた警察官。がんばりはいいのだけど、猪突猛進タイプで、かなり口が悪い。
しょっちゅう、F-wordを口にするので、相方さんは口悪すぎ!とTVに向かって文句を言ってます。
私は彼女が大好きなので応援しているけど、かなりの単細胞なので昇進は厳しいだろうなーと心配しています。(彼女自身はもちろん昇進して活躍したい)
義理父のハリー(ウィリアム・ジェームズ・レマー William James Remar)は、デクスターでは警察官で、デクスターを心配するいい人なんだけど、たしかSex and the cityで、割と長くサマンサと付き合っていたエグゼクティブ。おかげで、どうにもエロい印象がぬけません・・(汗)

さて、ドラマ「デクスター」は、昨年もノミネートされたようですが(受賞したかどうか不明)、今年のエミー賞も、作品や主演男優賞にノミネートされています。9・20の発表が楽しみです!

◆日本語の紹介サイト
http://dvd.paramount.jp/dexter/
http://tv.foxjapan.com/crime/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/15
http://www.tsutaya.co.jp/movie/sp/dexter/※音が出ます

2009.04.23 00:00|海外ドラマ
原題:Burn Notice(バーン・ノーティス)とは解雇通知という意味だそう。
消されたスパイ、と日本では副題がついているようです。

Bonesシーズン2の最後は、1話しか入ってなくて、代わりに、ダイジェスト版(にしては1時間ぐらいあった気も)でこのBurnNoticeが入っていました。

アフリカ・ナイジェリアで地元マフィアと取引する、主人公の職業はCIAのスパイ。
無事、危険な取引を終えようとするその間際。
CIAに電話をかけ、マフィアの銀行口座にXXXを振り込んでくれ、口座番号はこれこれ・・・といおうとする主人公をさえぎって、伝えられたのは、突然のCIAからのクビ宣告。理由不明。
驚く間もなく、電話を切られてしまい、残されるのは、振込みを待ちかまえているマフィアと自分のみ。
シーーーーン・・・・!

みたいな、ところから話は始まり、主人公の故郷・マイアミに命からがら脱出。
マイアミって、水着をきた、きれーなセクシーなお姉さんがいっぱいでいいとこだ~的映像が、しょっちゅう入ります。うっとりしますw
元IRAの元カノ(ガブリエル・アンウォー)もセクシーでいいです~~★

サスペンスコメディ・・ぽいな。相方さんはシリアスに決まらないので、あと、たぶん残虐なグロイシーンがないので物足りないらしいです。が、私はかなり気に入ったー。
主人公マイケル役(ジェフリー・ドノヴァン)のニカッ(^皿^)みたいな笑顔がイイ!

残念なことに、日本ではまだ、FoxCrimeでしかやっていないみたいで、レンタルもなし。
宣伝いれるんだったら早くDVDしてくれよ~。

■公式サイト(英語)
http://www.usanetwork.com/series/burnnotice/
※音が出ます。
そうそう、Burn Your Friendという、どうやら、友だちに解雇通知を送ろう、という機能があります(笑)
試してみたところ、相手の名前やメアド、何歳代のほか、Describe themと相手の評価を書くところがあり、「結婚したばかり」「子供がうまれたとこ」「YoutubeやMySpaceにハマッてる」などを選びます。
で、送ってみたところ、こんなのが届ききました。

--------------------------------------
Hey XXX相手の名前.

Do you have anything to do with this? I really hope not. (適当訳:この件、関係ある?そうじゃないといいけど)

http://www.thewatchlist.tv/?id=xxxxx※URL

Get in touch if you need help. (もし助けが必要なら連絡してね)

XXX自分の名前
--------------------------------------

URLのリンク先は、なんと動画のニュース番組。番組内に、クビにした相手の名が登場・・ていう、こった作りです。
よかったらどーぞw

2009.04.05 00:15|海外ドラマ
Bones(ボーンズ)のシーズン2視聴中。

■第16話「骨のない死体」(原題:THE BONELESS BRIDE IN THE RIVER)
発見された遺体は、骨を一切抜かれていた、という事件。
この背景には、驚くべき中国の風習「冥婚」がありました。
調べたところ、アジア地域(中国、韓国、台湾など)にあるらしく、
日本でも東北に残っているそうです。

中国の場合、一人っ子政策とのあわせ技で、悲惨な事件があるらしくて
それがこのドラマの元になっているんだなー・・・。
詳しくはこのあたり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%BE%8C%E5%A9%9A
http://okwave.jp/qa1511587.html
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-612.html

◆サイト
http://www.fox.com/bones/(英語)
http://www.fox.com/bones/recaps/418_1.htm あらすじ(英語)
2009.02.07 03:00|海外ドラマ
金曜の夜はついダラダラとDVDをみたり、ネットやったり。
寝不足はいかんというのに。

ヤフーのレンタルDVDが届いていたのでさっそく観る。
1枚はグレイズアナトミー。
シーズン3 #13「大いなる期待」

子宮系の病気で入院してきた20代前半の女のコと、その親友。
産まれたときからずっと一緒、そしてこれからもずっとよ!と
小学生女子のような?親密っぷりがあやしい。
さらに、病の女の子は、腫瘍がひどく手術になるため、家族に連絡することを
促すのだが、二人は家出をしてきて、わけありだから嫌だという。

そして翌日、病気の彼女を訪ねてきた男女をみて、病院関係者はあっと驚く。
女性はボンネットをかぶり、男性は長い顎鬚、黒尽くめの服装・・・。
一目でアーミッシュとわかるいでたちだったのだった。

ちなみにドラマのなかで最初はpuritanピューリタン、そしてamishアーミッシュ
と呼ばれていました。

これ以上ストーリーは語るのはやめておきますが、
buptizeバプタイズを済ませて家出している場合は村に戻れないけど、
済ませてない場合は戻れるらしい。
つまり神様に誓いをたてて破るほうが赦しがたい罪ということかしら。

アーミッシュについては、村をツアーで訪れたこともあって、非常に興味深い存在です。
wikipediaのサイトはこちら

小さい専用の馬車が道路と並んで普通に走っているのには、時代をトリップした
気分になりました。(って前にも書いたことあったっけ)


ジョン・ブックの目撃者は、アーミッシュが登場する興味ぶかい映画です。
機会があればぜひ。

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウントダウン






by.yzakka

最近の記事

本だな

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

彩アルッテ(埼玉情報ブログ)

ユーザータグ

東京ミッドタウン グルメ 六本木 スペイン バルセロナ クリスマス ホームベーカリー イルミネーション ipod アルハンブラ宮殿 touch 銀座界隈 台北 茨城 白神こだま酵母 ガウディ グラナダ スタバ SH001 カルモナ 赤坂 中国茶 ビストロ 花火 志の輔 旅行 バラ 栃木 渋谷 春日部 茶藝館 越谷 新宿 

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。