--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.16 00:00|未分類
huatai01huatai01huatai01


中国茶販売専門店の3Fにある華泰茶館。
訪問は実は数年ぶり。
以前はなかった、ホリデーランチ(¥1500)があり、
お得感がありました。

・茶粥
・チマキなど、点心4種類
・お茶ゼリー
・お茶のクッキーなど盛り合わせ
・サラミ
・ザーサイ
お茶は、緑牡丹茶または祁門紅茶(キームン/キーマン)からいずれか。 場所も渋谷駅に近いのに、少し外れているため、
あまりこまないのも良いです。

緑牡丹茶を頼みました。何回もお湯を足してまだ風雅さ溢れる美味しさでした。
緑牡丹茶 8個入

◆華泰茶荘
茶器・茶葉の取り扱いもあります
「華泰茶館」はその3Fです。

住所: 東京都渋谷区道玄坂1-18-6
tel.03-5728-2551 / fax.03-5728-2557
スポンサーサイト
2006.01.15 00:00|落語
2006年の初落語は、毎年渋谷パルコで開催される立川志の輔さんの独演会。

会場では立川アイボがお出迎え♪
音声と共に、落語を演じているが如く動くアイボ。
aibo


日によって、其の壱~其の四と演目セットが変わり、私たちが観たのは其の参。
おどるファックスは、以前観た事がありました。

[おどるファックス]志の輔作
薬局屋を自宅で営む家族に届いた1枚の間違いファックス。
振られた男性宛てに「薬を飲んでもうすぐ死にます、、」という内容が書かれていたため、親切な薬局屋の親父が慌てて返事を出したところが・・・。

#女性と親父のやりとりが段々エキサイトしていく様は、何度聞いても面白い。

[メルシーひな祭り]志の輔作
帰国間際のフランス大使夫人とその娘が、とある商店街の人形屋の職人が作ったひな人形を雑誌の記事で目にし、一目見てから帰国したいという。手柄を立てたい大使館員は、商店街に連絡を入れて手配し、いざ人形屋にいく。しかし、そこで目にしたのは、鈴ヶ森さながら、人形の首ばかりが並べてある職人の作業場であった・・。

#「サービス精神のない人にいい仕事はできない」という知り合いの言葉を思い出す。


[江戸の夢]宇野信夫作
ストーリーはこちらで詳しいので略。

#罪を犯すこと、教育で学びとったことをいかに生き様に反映できるか、などを考える。

志の輔さん公式サイト
2006.01.08 00:00|宇宙・地球etc
大平貴之さん開発のプラネタリウム「メガスターII」。100万個以上の☆彡が投影できるスグレモノですが、念願叶って川崎市青少年科学館で観てきました!


(左側のテントウムシのようなものがくっついた箱がメガスターらしい)

メガスター人気のためか、昔きていた頃より大勢の観客。
双眼鏡を渡されて観るプラネタリウムなんて初めてです。

川崎の空から、富士山の空の暗さになり、いよいよメガスター本領発揮、街灯りのまったくない星空へと誘われます。
現代だと、宇宙から観るか、地球上の場合は、モンゴルの草原、インドの砂漠あたりでしか見られない、闇夜に輝く、無数の、無限の星・・・。

そして、星空をたゆたゆと流れる天の川。

今までみたプラネタリウムの中では勿論ダントツ、星空にこの形容は適切かわからないけと、豪華絢爛な夜空でした。

蛇足ながら、一緒にいった友人は、感動で涙した模様(笑)いやはや刺激の強いプラネタリウムです。

観望のあとは、隣接する岡本太郎美術館へ。こちらはこちらで、また面白いところです。この日は、岡本家と交流のあった魯山人(美味しんぼによく登場する人です)の焼き物などが展示されて、またも眼福な一日でございました。

◆鑑賞できるところ
今のところ
川崎市青少年科学館
日本科学未来館で鑑賞可能です。
あと、先週あたり朝日新聞の記事で、何か音楽のコンサートかなにかとコラボする、という記事を見ました(あいまいですみません)。

◆大平さんに関する本

プラネタリウムを作りました。


◆大平さん共同開発の家庭用投影機
【家庭用星空投影機】セガトイズ ホームスター(コスモブラック) 大人の科学マガジン(vol.09)

2006.01.03 00:00|家族
実家に帰ったらボイラーのスイッチの傍に貼ってありました・・



父が書いたのですが。家族向けなのに「告」って。(-_-;)
2006.01.01 00:00|福岡
年末は例年どおり福岡に帰省。
絵日記風にまとめてみました(^◇^)

・12月某日 餅つきをする
鏡餅は神棚に供えます





・12月某日 素敵なご夫婦宅でもつ鍋をごちそうになる
左側はパン焼き機製の天然酵母パン。ウマイ





・1月某日 ダイヤモンドシティに『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を観にいく
シリーズを増すごとに、ワクワク感は断然本のほうだと感じる。
出演陣の成長を観る楽しみはあるけれども。ハーマイオニー★ラブ。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上・下2巻セット)


・1月某日 親戚を迎える
いとこのお嫁さんは同い年。人懐こくて可愛かった。

おじが若かりし頃シベリアに抑留されていたことを知る。
氷の粒を水代わりに馬にあげていたらしい。

・1月某日 計8時間ぐらい友人と飲み続ける
2軒目はHAKATA HARPに今年初の生ギネス。さらにベイリーズ ミルクに初トライ。カルアミルクより香り豊かで気に入りました。

ベイリーズ 700ml 17度


・1月某日 にんにく屋で、SOHOをしている友人の景気のいい話を聞く
毎度刺激を受けます。

・1月某日 父上が買ってきてくれた誕生日ケーキを食べる
名前入りケーキ。このベタさが好きです(笑)





・1月某日 犬の散歩をする
手前の白黒の塊はシーズー犬。
家から数分で、こんな風景が広がります。




12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウントダウン






by.yzakka

最近の記事

本だな

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

彩アルッテ(埼玉情報ブログ)

ユーザータグ

東京ミッドタウン グルメ 六本木 スペイン バルセロナ クリスマス ホームベーカリー イルミネーション ipod アルハンブラ宮殿 touch 銀座界隈 台北 茨城 白神こだま酵母 ガウディ グラナダ スタバ SH001 カルモナ 赤坂 中国茶 ビストロ 花火 志の輔 旅行 バラ 栃木 渋谷 春日部 茶藝館 越谷 新宿 

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。