--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.27 00:00|落語
2007parco1



毎年恒例の志の輔さんのパルコ公演は、

ママさんコーラスが突如出現したり、
文楽とコラボったりと、毎回趣向が凝らされていて、贅沢なイベントです。


年末が通例だったのですがここ数年は1月に行われています。
しかしチケットが年々とりにくく・・・。特に土日はソールドアウト必至。
今回も、追加公演でやっと参加。
見逃したら、年が始まらないところでしたわっ。

------------------------
■七福神
現代が舞台。
忘年会用のかくし芸を頼まれた主人公の男性がネタに悩み、

あー神様たすけてーと家でうめいていたところ、訪問者が。

玄関を開けると、そこには七福神がずらーり。
七福神たちは自分たちの人気がいまひとつなので、、
個人を訪ねては願いをかなえてあげて、口コミで知名度をあげよう!
とやってきたという。
半信半疑の主人公も、かくし芸ネタはほしいので、彼らととある条件を交わし
それぞれの持つネタを伝授してもらおうとするのだが・・・。



■新版しじみ売り
人情噺。
しじみを売る年端もいかない貧しい少年と、鼠小僧次郎吉 との
奇妙な運命のめぐり合わせ。


落語って、噺家さんが座布団の上に座って話すだけなのに、
自分の想像力と話術があいまって、そこに雪が見え、
あかぎれだらけの少年が見え、酒をすする渋い次郎吉親分が見えてくるのですから不思議です。



■狂言長屋
狂言師の方とのコラボ。
てか、志の輔さんがワキ方までやっててびっくり。
そりゃー志の輔さん、疲れるはずだよ(笑)

橋から身を投げようとしていた男を、長屋の男が助けて長屋に連れてくる。
身なりのよい格好だからさぞやお坊ちゃんかと思いきや、ただの狂言師。
事情を聞けば、「狂言」という笑い話が思いつかなくて、
死のうと思った、という。笑い話が作れなくて死ぬの??と、呆れながらも
そこは気のいい住人たち。自分たちの立場に置き換えてなんとか理解を
しようとし、彼の作ろうとする「無常」をテーマにした噺のアイデアを
考えてあげようとする。



ここくわしーです→http://bunrakutecho.blog13.fc2.com/blog-entry-432.html



------------------------

今年は同じく志の輔さん好きの友人と、
初めて落語を観まーす、という若い女子二人を連れていってきましたが
二人とも、とても楽しんでくれたようで満足っ。


かくいう私も、20代半ばまで、落語にまーったく興味がなし。
寄席にいくまでになったのは、志の輔さんの落語との出会いがあったから。
最初に連れていってくれた元職場の方々に感謝、感謝なのです。



今年は目指せ、2ヶ月に1回ペース!>落語
あと、談志さんの寄席をいちど観てみたい。怖いけど。。


[写真]
寄席文字を、色紙や手ぬぐいに書いてくれてました。

2007parco2

スポンサーサイト

テーマ:落語
ジャンル:お笑い

12 | 2007/01 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウントダウン






by.yzakka

最近の記事

本だな

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

彩アルッテ(埼玉情報ブログ)

ユーザータグ

東京ミッドタウン グルメ 六本木 スペイン バルセロナ クリスマス ホームベーカリー イルミネーション ipod アルハンブラ宮殿 touch 銀座界隈 台北 茨城 白神こだま酵母 ガウディ グラナダ スタバ SH001 カルモナ 赤坂 中国茶 ビストロ 花火 志の輔 旅行 バラ 栃木 渋谷 春日部 茶藝館 越谷 新宿 

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。