スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金属アレルギーテスト②結果

2008.07.26 01:41|ビューティ
金属アレルギーテスト①の続きです。

◆4日目
すべてを剥がしてもらう。
背中をあとで見たら、反応が強いところは真っ赤で、まるで焼けどしたような感じ。
軟膏をもらい、塗り続けていますが、1週間近くたったのに、まだあとは残っています。

<テスト結果は以下のとおり>
1. 塩化アルミニウム 
2. 塩化コバルト +
3. 塩化第ニスズ
4. 塩化第ニ鉄
5. 塩化白金酸
6. 塩化パラジウム
7. 塩化マンガン
8. 三塩化イソジウム
9. 四塩化イリジウム
10. 臭化銀
11. 重クロム酸カリウム
12. 硫酸クロム +
13. 硫酸ニッケル ++
14. 塩化亜鉛
15. 塩化金酸 +
16. 硫酸銅
17. 塩化第二水銀 ++
18. プロペト

++がもっとも強い反応を起こした金属
+が反応を起こした金属


というわけで、
安めの一般的なアクセサリーでよく使われているニッケルをはじめ、金もNGでした。。
金がだめということは、金とその他の合金である、ホワイトゴールドもNG。はぁ。
銀と白金(プラチナ)はOKでした。水銀なんかは、別にNGでもいいけどさ。。

◆金属アレルギーについて
こちらのサイトに詳しいのですが、

金属アレルギーは、繰り返し同じ金属を使用しているうちに溶け出した金属イオンが体内に入りこみ、免疫のはたらきで異物だと記憶され、次に同じ金属に触れたときにアレルギー反応を起こしてしまう。また一度なると一生続くため、なかなか厄介なもの。
とくにトラブルが多いアクセサリーはピアス。ピアスは皮膚に直接穴をあけるため、より接触部分と反応を起こしやすい。


私の場合もまさしくこのケースで、大学時代にピアスを始めたのだが
あけたすぐは24金のピアスをつけていたが、1ヶ月やそこらですぐに、
海外の派手な、大きめの重いピアスを好んでつけていた。
もちろん高価なものではなかったので、ニッケルあたりが多かったんじゃないかな。

それでよく、耳が腫れていた。。

さらに、就職したあと、もう1つあけた。そこでも、24金スタートして、すぐに腫れたりしていたし
無理やり、安ものの、だけどかわいいピアスをつけ続けていた。

結果として耳たぶをいためてしまったため、計4つの穴はふさいでしまったけれど。。。
たくさん集めたピアスも無駄になり、そしてアレルギーな体質になってしまったわけです(><)

今は、普通にネックレスをつけていても、夜には赤くはれているし、
腕時計もかゆくてつけれられない(金具部分でNGなのと、革製品だとなめす工程でクロムを使うらしいからNGみたい)。

今回の試薬のあとは、本当にやけどをしたように見た目も痛みもあり、
改めてアレルギーって怖いな、と思いました。

これからピアスをされる方は、注意して使ったほうがいいよ、と
痛い目にあった人からのアドバイスです。
(ピアスのピン部分になにかをぬってやるといいという話もありますが、そのへんどうなんでしょうねー?)
ていうか、ほんとに反省だよ~~~~~ションボリ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウントダウン






by.yzakka

最近の記事

本だな

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

彩アルッテ(埼玉情報ブログ)

ユーザータグ

東京ミッドタウン グルメ 六本木 スペイン バルセロナ クリスマス ホームベーカリー イルミネーション ipod アルハンブラ宮殿 touch 銀座界隈 台北 茨城 白神こだま酵母 ガウディ グラナダ スタバ SH001 カルモナ 赤坂 中国茶 ビストロ 花火 志の輔 旅行 バラ 栃木 渋谷 春日部 茶藝館 越谷 新宿 

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。