スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゲゲゲの女房』の総集編が年末に放送されます!

2010.10.23 17:00|テレビ番組
◆NHK公式サイトより抜粋
http://www9.nhk.or.jp/gegege/
『ゲゲゲの女房 総集編』(仮)
○放送予定
12月29日(水)、30日(木)、31日(金)
(3日間とも)総合/午前7:20~8:28〈68分×3回〉


2010年3月から9月まで放送された『ゲゲゲの女房』。どハマりして観てました。


向井理さんのファンだったわけでもないのだけど、前々回の朝ドラ『つばさ』に結構ハマって、その流れで朝ドラをチェックするようになったのが始まり。けれど、前回のは途中で挫折。
今回は水木しげるさんの話ということで、実話に基づく話だったので期待大で見始めたのでした。

最初のふみえさんの子供時代の話は、たまに見落としたりもして、淡々と観ていたのだけど、結婚後あたりからドーンとはまった感じ。

昔の日本人らしい言葉ではなかなか伝え合わない夫婦愛のもどかしさにはじまり、大家族の風景、親子愛、兄弟愛。
はたまた、激貧の売れない貸本漫画時代→超売れっ子になったのはいいが多忙で家族の交流もままならない→スランプ→再び花開く といった漫画家出世ものがたりも興味深かったし、貸本屋の時代からテレビ放送が始まる昭和という大きく変動した時代描写や、水木さんが片腕を無くしてしまった第2次世界大戦の描写、そして戦後の爪跡もしっかり描かれていて。

見所、感動しどころ満載でした。

あと、植木等調のイトツ(水木しげる父)と一歩も譲らないイカル(水木しげる母)との夫婦漫才みたいなやりとりがおかしくて。

ほんとにとっても楽しかった。

ドラマの観かたの基本的コースは
朝の本放送(朝ゲ)→ワンセグに録画して電車内(2回目朝ゲ)→帰りの電車で録画を観て(夕ゲ)。ツボにはまったやつはもちろん何度も観て、涙してみたり。
さらに、相方さんも途中からはまりだしたので、週ごとにまとめて一緒に観て。

これだけはまってしまうと、終わったあと、しばらく喪失感が続くもの。ゲゲゲロスといった言葉がミクシィのコミュニテイでできたけど、本当にそうでした。

そんなわけで、総集編。新しいエピソードがあるわけでもないけど、観ます。
そしてきっと泣く(笑)

もっとも好きなキャラクターは、主人公・布美枝ちゃん。
これまた献身的な母ミヤコさんの血をひきついで、旦那様を信じて健気に、そして淡々とついていく・・・。
この控えめさや素直さや根性やしなやかさが、私には欠けてるので。。
見習うべきところ多数でございました。

相方さんが「いいなあ~~ふみえちゃんみたいな奥さん・・・(ため息)」とつぶやいていたのも、仕方あるまい。
「そんな人、今の時代に居ないよ!」と一蹴したけど(苦笑)

そして向井理(水木しげる役)さん。演技うまかった。
40代になって売れ出したので、そこからがメインの役どころだったのだけど、老年っぽいしぐさや口調が、それらしくてすごいと思いました。
男性のタイプとしては、ガロ編集長役の深沢さんや、豊川さんのほうだけど、やっぱりかっこいいねぇ。

あ、そういえば。イタチ役(ねずみ男みたいなこずるい男)の杉浦太陽さんも、ある意味ハマリ役だった。
このドラマでしか彼の演技を観たことがないため、すっかり私のなかではこのキャラで定着してしまったけど・・(汗)

楽しい時間をありがとうございました、と番組制作に携わった方々に感謝したい気持ちです。

ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房

価格:1,260円(税込、送料別)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウントダウン






by.yzakka

最近の記事

本だな

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

彩アルッテ(埼玉情報ブログ)

ユーザータグ

東京ミッドタウン グルメ 六本木 スペイン バルセロナ クリスマス ホームベーカリー イルミネーション ipod アルハンブラ宮殿 touch 銀座界隈 台北 茨城 白神こだま酵母 ガウディ グラナダ スタバ SH001 カルモナ 赤坂 中国茶 ビストロ 花火 志の輔 旅行 バラ 栃木 渋谷 春日部 茶藝館 越谷 新宿 

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。